• 成田旬

これは納得!新しい楽器を買ってしまう心理とは

ギターもベースも元々弾いていたわけではなく、納品の際に打ち込みよりはマシだろうと思って録音し続け10年。 気がつけばかなりの本数を買っては売って・・・を繰り返し、それなりにこだわりも出てきてしまいました。 完全に沼の住人です。 音楽の学校に行っていたわけではないので特別なものは何もありません。 絶対とは言いませんが基本が出来れば大体なんとかなります。 と言うのも案件をこなす上で超絶技巧を必要とされるこはほとんどないからです。 あまりに難しいものは専門の奏者さんに依頼すれば良いのです。 (あくまで作・編曲家なので) さて、自分の楽曲制作の仕方ですがデモの段階では一旦仮で音符を打ち込むようにしています。ベースラインなんかも他の楽器のフレーズとぶつからないかなど細かく検証しながら置いていきます。 コードだけ見てるとぶつかることがあるので全部のパートを目で確認しないと気が済まないわけです。安全第一。 デモOKいただいてから生音に差し替えられるものは差し替えていきます。 自分で出来ることは全てプライスレス。 ギターはもちろん、ベースも生のグルーヴがないと自分で聴いてて耐えられない・・・! 打ち合わせの際に打ち込みで大丈夫です、と言われても予算なんか気にせず問答無用でバシバシ録ります。 散々検証した(つもりの)フレーズをその場のノリで出てきたフレーズに置き換えていきます。 直感で良いと思ったものに。 ベースなんかは原型を留めていないレベルです。 自分が検証した?フレーズなんて所詮そんな程度だったということです。 まあ、良くある話でしょう。 そんなこんなで楽曲の仕上がりも格段に良くなります!が、・・・これがとても怖いわけです。 何が怖いか・・・それは他の楽器パートでも同じことが起こせる可能性を秘めているにも関わらず自分が弾けない(と思い込んでいる)が為にそのチャンスを逃している・・・かもしれない。 これはもう怖すぎて夜も眠れませんね。 この症状が出たら他の楽器にも手を出すしかない・・・ と思いませんか? 専門の奏者さんにお願いできればもちろん良いのですがいつもそれが可能とは限らない・・・。 (奏者さんに頼むことによってリアルタイムに変貌を遂げていくのは最高に至福の時・・・常にそうなれば悩まなくて良いのに・・・) ついでに言うと、サックスの音源(弦とか、金管、木管とかもそうですが)に今までどれだけお金を払ってきたことか・・・注ぎ込んだお金で楽器買ってたら今頃そこそこ吹けたかもしれないのに・・・。 音源の進化を待つよりも自分が進化した方が早いと思いサックスとオーボエ を購入しました。ひとまずこの2つが音源を使用していて納得出来た試しがないからです。 ちなみに前に買ったバイオリンも順調に練習しています。(まだ実戦投入には遠い) 次はクラリネットが欲しいなと思ってますしビオラとチェロも欲しい・・・。 (コントラバスはある) 本物の楽器買ったら音源のせいで悩むことはありませんよ? これ画期的だと思うんですよね! もっとこういう音が出せたらいいのに・・・とか。ここの音のつながり悪いな・・・とか。 それ、もう全部自分のせいです(笑 今から練習して使い物になるのか・・・?はいいんです。 ちょっとでも触って構造を把握すれば奏者さんにお願いする際にも現場での事故を減らすことが出来る・・・かもしれない。 無理だと思うと何も始まらない。 10年後どんな景色が見えるのか、どんな曲が出来るのかが楽しみでなりません。


8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示